プロキオン 期間

テストステロンは加齢により減少していくものですが、努力によって分泌を促すことができます。なぜテストステロンが減るのか?どうしたら多く分泌されるのか?テストステロンについて詳しく学んでいきましょう。

プロキオン 期間 》 テストステロンの詳しいところ

テストステロンは加齢により減少していくものですが、努力によって分泌を促すことができます。なぜテストステロンが減るのか?どうしたら多く分泌されるのか?テストステロンについて詳しく学んでいきましょう。

テストステロンは男性の場合、ほとんどのテストステロンが睾丸で作られていて、残り5%が副腎で作り出されています。原料となるのはコレステロールが主で、さまざまな栄養素が複合的に関係し、複雑な工程を経てテストステロンが生成されます。テストステロンは常に体内で作り出されていますが、脳からの指令により分泌されたり制限されたりしますが、その際に一番の刺激になるのが性的な感情がおこる時です。

性的な興奮状態でなく、行為を持つ女性と話したり、スポーツをしている時などもテストステロンは分泌されています。ですから、日頃からこのような機会を持つように生活することがテストステロンの分泌に好影響を与えてくれます。

脳からテストステロンの分泌の指令があると、血中にテストステロンが含まれるようになり、血中に分泌されたテストステロンは10分から90分ほどで半分に。その後、エストロゲンに変化するものもありますが、その殆どは肝臓で綺麗にされて尿として体外へ排出されます。

テストステロンの分泌コントロール

テストステロンは脳からの指令で分泌されると書きましたが、その指令というのは性腺刺激ホルモンを出しなさいという命令と、黄体形成ホルモンを出しなさいという2つの命令により分泌される両者のバランスで成り立っています。

テストステロンの分泌は夜明け前から午前中にかけて一番多く分泌される傾向があり、15分ごとに刻々と変化しているそう。ですから、前日からの質の良い睡眠がテストステロンの分泌に大きく影響していると言えそうです。あなたがもし、テストステロンの量を検査する場合は午前中に検査したほうが良いでしょう。

また、テストステロンを投与されている方がよく心配されるのが、投与を続けているとテストステロンを身体の中で作り出す力が弱くなるのではないか?ということ。これは心配には及びません。投与されるテストステロンの量では影響を与えるほどではありません。

ちなみに、女性でもテストステロンは分泌されています。その量は男性の10分の1から20分の1と言われていますが、女性でもテストステロンの分泌により骨や筋肉の発達が見られるそうです。男性的な女性がいることがありますが、これはテストステロンが関係しているともされています。

女性の場合でもテストステロンを有効に使う方法があり、それが性的障害に対するテストステロン療法です。性行為の前にテストステロンを投与することで性的や性的感覚を上昇させ、女性版バイアグラとも呼ばれ、女性向けテストステロン製剤として販売されています。
テストステロンを増やすためにはコレステロールを取るということは先にお伝えしたとおり。他にも過度なストレスを避けたり生活の質の向上などがありますが、テストステロンを増やす上で大事なのが亜鉛、抗酸化ビタミン、セロトニンの3つの栄養素です。

亜鉛は別名生殖ミネラルとも言われ、生殖細胞が活発に動くために必要不可欠。前立腺や性腺に多く含まれている亜鉛で、精子の量に関与しています。亜鉛を含む食べ物には牡蠣やうなぎ、牛肉などがあります。

抗酸化ビタミンはテストステロンの材料になるDHEAを活性化してくれます。DHEAは副腎で作り出されるホルモンで、副腎は酸化に弱いと言われています。この副腎の酸化を防ぐために日頃からビタミンCやビタミンE、セレンなどの抗酸化物質を多く摂るようにしましょう。

セロトニンは不眠やストレスの予防に役立ちます。セロトニンを食べ物から取ることはできませんが、セロトニンの材料となる炭水化物やビタミンB6、トリプトファンを摂取することでセロトニンの生成に好影響を与えることでしょう。

牡蠣やうなぎなどは値段が高く、頻繁には食べられないでしょう。普段食べるとしても、亜鉛や抗酸化ビタミンは体内に長時間とどめておくことはできません。日頃から食べられるメニューとしてはワタリガニのトマトパスタ、サーモン、赤ワインとアーモンドチョコなどを食べるようにするといいでしょう。
テストステロンの材料となるのはコレステロールです。コレステロールは悪玉というイメージはありますが、身体の中に無くてはならないものだとも言えます。過剰に摂取しなければ悪さをすることもありませんので、毎日栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

栄養バランスのよい食事と同じく、規則正しい生活リズム、質の良い睡眠、ちょっとした運動をして健康的な生活を送ることも大切です。コレステロールが材料だからといって、コレステロールが多くなる生活を続けることは問題です。生活をリズムを整えて適度なコレステロールを取ることがテストステロンの分泌に好影響を与えるのです。

みなさん軽視しがちなのがストレスです。毎日毎日嫌なことは一つもないという生活を送れる方はほとんどいないでしょう。なにか落ち込むことがあっても、すぐに気持ちを切り替え前向きな気持になることが重要です。ストレスを溜めない前向きな生活をおくることで、テストステロンの分泌も多くなり、健康的な体作りもできるようになります。本当に大切なのは食事、睡眠、生活リズム、ストレス、適度な運動です。それぞれバランスよく整えることがテストステロンの分泌を促すことに繋がります。

ベジタリアンや極端なダイエットをしているとコレステロールの摂取が不足して、テストステロンが減少してしまう恐れもあるそうです。ですから無理なダイエットや極端なダイエットは控えたほうが良いでしょう。

加齢によるテストステロンの減少

テストステロン分泌のピークは20代。その後は徐々に減少していき、40代を超える頃からテストステロン不足により不具合に気づいてくるそうです。40代以上と言えば社会では管理職に当たる年代です。この頃からは会社での責任も重くなり、さまざまなストレスが溜まっていくことになります。

テストステロンの分泌が減ると自律神経失調症のような更年期障害がでてくることもあります。女性の場合は閉経があるので判りやすいですが、男性の更年期障害があるというのは最近知られてきたこと。男性の更年期障害のことを男性更年期障害と読んでいましたが、最近はLOH症候群と呼んでいます。LOH症候群は男性ホルモン補充療法で対応することができます。
テストステロンとハゲの関係の前に、テストステロンの平均値について。テストステロンの測定については世界各国で方法が異なりますが、日本では遊離型テストステロンの基準が決められています。

総テストステロンを測る計測法もありますが、年令とともに減少するテストステロン量を測るには、遊離型テストステロンを計測するほうが判断しやすいです。ならば総テストステロンと遊離型テストステロンの両方を測ればいいのでは?と思われるかもしれませんが、日本では両方を同時測定すると保険診療できないという事情があります。そこで、日本では遊離型テストステロンで基準が決められたのです。

テストステロンはハゲの原因にはならない?

テストステロンとハゲの関係が取り沙汰されることがありますが、テストステロンはハゲと直接の関係はありません。ハゲは複合的な要因からなるもので、テストステロンは男性更年期による脱毛を防止してくれるとも言われています。

ハゲになる要因は人それぞれですが、一般的にハゲの原因となる要因は以下のようなことが言われています。

・遺伝による先天的原因
・頭皮の環境、喫煙、飲酒、食生活などの生活習慣
・過度なストレス、男性更年期による毛根への影響


テストステロンとハゲの関係が取り沙汰されたのは、体内でジヒドロテストステロンに変化して毛乳頭の育毛を阻害するからと考えられていたからです。お酒に強い人、弱い人がいるように、ハゲも遺伝によるところが大きいという考え方が最近では一般的です。